片付けが終わらないのはなぜ?クローゼットの整理に時間がかかりすぎる原因

今 クローゼット整理のお仕事を複数頂戴していて お客様がお悩みのケースに共に向き合っています。

同じようなお悩みの方のヒントになればと お伝えさせていただきます。

やってもやってもクローゼットの整理が終わらない!! この片付け、永遠に続く?

その理由は ふたつ考えられます。

  1. 服の量が多すぎる
  2. 収納スペースが足りない

”理由が二つ”と言いましたけど 突き詰めると同義。

服が多すぎるってことです。

見てくださいこのアルマーニの山

こだわりの洋服を出してみたら ベッドの上にエベレスト。

所有者のご主人に「この中に着ないものがあればピックアップお願いします」とお願いしましたら

1/10程度を親戚にお譲りすることになり ほぼ9割を「着る」と言われてクローゼットに戻しました。

次はこちらの「洋服が大好き」というママ

去年の服でタグが付いている未使用の色違いなどがたくさんありました。

こちらも「もしも着なくなった服が合ったらピックアップしてください」とお願いしましたら

ほぼ9割を「着る」と言って所有されることになりました。

お二人とも 服を一つ一つ拝見すると お洋服が好きなことが感じ取れます。本当に吟味して選んで家に連れてきたんだな・・・とも感じます。

たけど

「着る」という言葉の意味、理解しているのかしら?

いる と 着る は違います。

私は今 お客様との間で この 言葉の認識の違いに戸惑っています。

このブログを読んでくださっている あなたとも違うかもしれません。

洋服だって 着られるために生まれました。人間に使ってもらってなんぼです。クローゼットでぎゅうぎゅうになってしわしわになっているために作られた服なんて 1枚もありません。

服が好きなんです! というのなら ぜひ 「着てほしい」

切に願います。

もしもクローゼットの整理に時間がかかって終わらない!という場合、洋服密度が100%越えしているのかもしれませんよ。

自分が管理できる洋服の量をこの機会に考えてみることをお勧めします。

片付けを理論でお伝えいたします!

お仕事のお問い合わせはLINE@が早いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です