子どもの片付け「集中力がない」との付き合い方

子どもってすぐ飽きてしまいますよね? 片づけだけではなく勉強も 「集中力がもたない」と思われているかもしれませんが

実は子どもの集中力って意外とすごいんです

だけど条件があります。それは「楽しいこと」に限定されています。

私が幼児教育を学んだ教科書(全国社会福祉協議会発行「児童心理学」)にデータがあるのですが

  • 3歳児 興味のないことに集中する時間 8秒
  • 5歳児 興味のないことに集中する時間 16.3秒
  • 3歳児 興味のあることに集中する時間 50分
  • 5歳児 興味のあることに集中する時間 96分

これ、興味深いデータではないでしょうか? つまり

好きなことへの集中力はハンパない!

ってこと。

例えば 片づけの途中に 突然誰かから電話がかかってきたとします。(あるあるです)

「はい!僕だよ!うん・うん。ごめんね、今ちょっと行けないんだ。○○しておいて!」って指示だししてました(笑)

好きなことへの集中力はハンパない!

という子どもの特性を知らない大人は

「こら!まだ片付けでしょ!」

と注意しちゃって 「楽しい」世界から 現実の世界にもどしちゃっていることになるんです。

「楽しい」状態はあくまでキープでお願いします!
さっきの僕には「誰から電話?」なんて相手のことを聞いちゃったりしています。

好きなことなら3歳児は50分も持つんですよ!

50分の間に 子どもと片付け・・・
私なら いる・いらない を徹底的に聞きますけど 

あなたなら、リミット50分でどのように片づけますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です