コロナ禍子どもの公園遊びと主体性(どんな状況下でも自分で選ぶということ)


5月21日午後、京都大阪兵庫の緊急事態宣言が解除され、残すところ首都圏と北海道のみとなりました。

私が住む神奈川は10万人当たりの新規感染者数が高く、今まで自宅待機を子どもと頑張ってきた身としては とてもがっかりする数字です。

これまで、子どもとの自宅待機をどのように乗り越えてきたかここに記しておきたいと思います。

  1. 1日一度はニュースを見せて 現在のコロナの様子を子ども自身に感じ取ってもらう 具体的な感染数を数字で伝える
  2. 子どものストレスの観点から 人に合わない時間を選び 大人と一緒に外出する(晴れた日)
  3. 家の中のレイアウト変更を頻繁にし どの部屋でも過ごせる環境を作った。(特にベランダ・着替え部屋のレイアウト変更)
  4. 時間を意識して過ごすように1日のスケジュールを 朝自分で考えることにした

以上のように夫と共にあれこれ試行錯誤 外に出なくても子どもがなるべくストレスを感じない環境づくりをしておりました。

そんな中、我が家は公園の真ん前にあるマンションなので 毎日の公園の様子がわかりますし 4月は毎日のように息子の友達から遊びの誘いがありました。

当然、誘われたら遊びに行きたいですよね。

そして公園を見れば 自由に遊ぶ子どもたちが見える。

我慢して自宅待機する子どもの心理としては どうして? という疑問が生まれて当然です。

何度も「みんなはいいなあ・・・」という言葉を聞きました。
ですが、もう小学生です。幼児とは違います。

とことん子どもと話しました。
もし感染したらどうする?
このマンションに感染者が出たらどうする?
いつまでこの状況が続くんだろう・・・

そんなことを話していると 公園で遊んでいる子どもたちをうらやましいと言わなくなりました。
(私、1日2回の外出を晴れた日は必ずつきあっていますから!これも大きいと思います)

子どもにもきちんと知ってもらい、考えさせることってとても大事だと思いますし、小学生はもうそれができる時期なんだと確信できました。

どんな状況でも 自分で考える 自分で決める を大事にしたい。

これからの時代を自分の力で生きていくために
主体性と決断力は 
必要な力ではないでしょうか?

あともう少し!
自宅待機頑張りましょう!

友だち追加

お子様と一緒にお片付けしています(6月再開予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です