子育てフルで疲れていても地震はやってくる 3.11 9年前の私の感覚は麻痺していた

東日本大震災から今日で9年

当時の私は2歳11か月と11か月の二人の乳幼児の子育てに専念している時期でした。

ママが一番疲れているって時期ですね。

あの時は例にもれず頭痛で寝込んでおり 何度見せたかわからない「となりのトトロ」の録画が流れていました。

神奈川でも震度5
鉄のストレージがガタガタと音が鳴り
鴨居に置いていたお札が落ちてきたのを覚えています。

さすがの子どもたちも「おうちがゆれてるよー」とびっくりしていましたが、頭痛の時の私の反応はいつもの40%程度・・・
数年前に宮城での大きめの地震を経験していたので
これくらいは大丈夫。
と判断し トトロを改めて再生したのでした。

その後 この地震の被害が尋常ではないことを知っていくのですが・・・・

私自身がこの時期 いっぱいいっぱいで、この震災をしっかりと受け入れられませんでした。
TVやネットから流れる被害状況・・・・
見るたびに 蓋をするように 自分の感覚を遠ざけました。

無意識のうちに「今の私には受け止められない・・・」と感じたのかもしれません。

私は東北の出身です。故郷の状況から目を背けるなんて 人としてどうなんだろう・・・後ろめたい気持ちがありながら
実世界では 子どものお世話と家事で いっぱいいっぱいだったのです。

  • 子育てってそれくらい 人間のキャパを使うんだ
  • 健康でいないと いざという時に正しい行動がとれないんだ

ということを思います。
今、まさに幼子の子育てをしていらっしゃる皆様、どうぞ健康でお過ごしくださいね。

今、あなたとお子さんが生きていてくれることに感謝します

9年前 何も感じることもできず これといった行動もとれなかった私ですが
3月11日、今ここに生きていられるということ 家族の命があるということに 感謝して立ち止まる日にしたいと思っています。

あなたの子育てに役立つお片付けサービスはこちら
子どもの決断力と自己肯定感を育むお片付けサービス はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です