私のピアノのモノローグ 最終話(全5話)

私のピアノの物語

第4回目です!

今回でピアノのモノローグはおしまいです。

私はピアノ。

2016年 秋田から湘南に引っ越してきました。

年齢は・・・推定38歳。


私はこの湘南で 第2の人生を歩むことになりました。

環境ががらりと変わりました。

秋田にいたころは とても寒くて湿気が多い。

湘南のママにはびっくりされるらしいんですけど ネズミもいたの。

 

だけどここは・・・

マンションで床暖。

専用の部屋はなく、リビングに置かれているし 揚げ物をした時には油がつきそう(ノ゚ο゚)ノ

 

 

まだ引っ越しして2年しかたっていないけれど この環境の変化は大きかったな(^▽^;)

何やらご主人は アメリカ好きらしく、ショウコちゃんがセッティングする間もなく 赤いラグをかけられました。レースやビロードは インテリアに合わないとか・・・。

 

 

そして何より驚いたのが

「実家みたいになるから ピアノの上には何も置かないようにしたほうがいい」

とショウコちゃんに言っていました。

なにやらテーマは

「アメリカのど田舎の家のリビング」

らしいです。

 

とにかく 毎日にぎやかで 季節を感じられる毎日を過ごしています。

ここ10年くらいは 毎日薄暗い部屋で無言でしたから ありがたい毎日。

それに ほぼ毎日へたくそな練習に付き合わされる幸せ

私の使命は歌うこと。

使命を果たせることに喜びを感じながら

家族の愛と共に歌い続けます!


私はショウコちゃんのピアノですから。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です