私のピアノのモノローグ 第1話(全5話)

今回のブログ記事は私のピアノの物語です。

 

 

 

全5回となりますがよろしくお付き合いください。
はじまりはじまり・・・
image
2016年秋、 秋田から 湘南に引っ越ししました。
私はピアノです。
ヤマハ製 製造番号W2966975と申します。
image
ショウコさんがピアノを習い始めた7歳くらいの時
ショウコさんの両親がショウコさんに買ってあげた「ピアノ」です。
調律師さんによると・・・
私は昭和50年代のピアノで  いい材料で大量に作られた時代のものだと。
正面の板が1枚じゃなく3枚で作られていて
重なった隙間から音が出てくる仕組みとか
とても丁寧に作られているとお褒めの言葉を頂きました。
うれしいワ(^ε^)♪
「下取りに出すなら私にご連絡ください」
と調律師さんが言っていました。
え、5万円なんだ(ノ゚ο゚)ノ 私。
でも店頭に並んだら50万円程度だとか。(゚_゚i)
寒くて 湿気の多い秋田のおうちから
いきなり 「湘南」という 秋田に比べたらとても暖かいところにやってきました。
何やら床暖もあるそうで
環境に耐えられるか不安です。
でも 私の周りはいつも賑やかになりました。
子どもが二人と大人が二人
毎日何度も私の前を行ったり来たりします。
にぎやかな毎日になりそうで
何より 何か歌えそうな予感がします。
なんてったって
私はピアノですから!
第2話につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です