離乳食 なかなか進まないお子さんにおすすめの絵本

あなたの子育て、おかたづけで応援します!

スリーステップでスマイルを大切にする

整理収納アドバイザー@藤沢

スマイルストレージ

小野寺鐘子です。

今日の記事の題名に

「ん?離乳食と絵本? 赤ちゃんにはまだ早くない?」

と思ったママも多いかもしれませんね。

 

上の写真は私の娘が4か月の時の写真です。

娘の10歳の誕生日を期に、主人が写真を見返していた時にでてきたモノらしいです。

すごく懐かしい気持ちがしたのと同時に

娘の絵本を見るまなざしがかわいい♪

よく見ていると思いませんか?

私の持論ですが、自分で目の焦点が合わせられるようになると

もう子どもは絵本が読めると思っています。

 

 

 

正確に言うと「見る」です。

理解ができるようになるのも結構早いと思っています。

 

 

 

離乳食が始まる時期には

私の「1日1冊絵本活動」は すでに始まっていました。

その中の 娘の反応がいい絵本がこれでした。

 

 

 

 

 

スプーンさん   文・中川ひろたか 絵・100%ORANGE ブロンズ新社

 

何度読んだことか・・・

読みすぎて背表紙がボロボロです。

 

 

 

クレジットは以下の通り

しつけ絵本のように お口をあけてー はいあーん

なんてセンスのない コピーはひとつもありません。

 

 

ただただ スプーンたちが 楽しそうに踊ったり

滑り台をしたり 子どもたちと同じく存在するのです。

見開いて 言葉が1行あるだけ。

赤ちゃんにぴったりの絵本です。

 

 

絵は「100%ORANGE」さん。

憧れていたり 影響を受けている人が多いですよね。

部屋に落っこちていても それだけで絵になる絵本です。

我が子は離乳食は特に苦も無く過ぎましたが

ちょっと集中しない時には この絵本の中の真似をして

スプーンさんがお口に行くよー

というと喜んで口を開けたものでした。

 

あと一口食べてほしいとき。

食べることに飽きちゃったとき。

ちょっと目先が変わるヒントが ありますよ。

 

 

地球のどこかの、ママのお役にたてますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です