ピアノの買い取り価格は安いか?高いか?

ピアノを買い取ってもらいました。見積依頼から買い取りまで 買取価格で必要な項目などをご紹介します。

昭和51年製造のYAMAHAのピアノ 秋田で35年、神奈川で5年使用のピアノは8万円の買い取り価格でした。

見積依頼をしたのが8月5日㈬ 引き取りが8月11日㈫ 首都圏だからか?ものすごいスピードで進みました。

合い見積もり業者 

1タケモトピアノ 

2伸和ピアノ 

どちらもCMで見かけたからという理由です。

業者決定タケモトピアノにした理由

商人ぽくて私は好み「合い見積もり」という言葉に敏感に反応したから 

見積で必要な項目
  • メーカー
  • 製造番号
  • ワレ・ヒビ・破損などピアノの状態
製造番号
ピアノの状態
ピアノの特徴によって聞かれたこと(タケモトピアノだけに聞かれた)
  • 猫足かどうか
  • 付属の椅子はあるか
  • ペダルはいくつあるか 
  • ペダルを踏んだ時に動く内部の白いフェルトがあるか
猫足かどうか
ペダルと白いフェルトの存在

製造番号で相場は決まっているようですが、電話で確認できることは細かく聞かれます。1本目の電話だったせいか、タケモトピアノのほうが電話時間が2倍くらいかかりました。


その後、引き取り当日に最終チェックで見積もり額がぎりぎりで決定するという仕組みです。
電話で現状をなるべく詳しく伝えたら 引き取り時に買い取り価格が下がるということはないと思いました。
少しでも高く買い取ってもらいたい方は 「合い見積もり」ということを電話で伝えたり 買い取りの見積をもっと多くするとよいと思います。
そのほかYAMAHAでも買取があるようですし、ピアノ買取比較サイトを見てみるものいいかもしれません。
私はなるべく早くしたかったので2社のみの合い見積もりでした。

使わないピアノを買い取ってもらって泣きました。
次回は「涙が出るほどさみしいお別れを決断した理由」をお伝えします。
オンライン個別も承ります

ピアノの買い取り価格は安いか?高いか?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です